review

中日新聞 2019年5月14日 東三河版「ミュージアムだより」に掲載されました

豊橋美術博物館コレクション展『幻想植物園』での展示について

Review in Chunichi News Paper /About a work in collection exhibition at Toyohashi City Museum of Art and History 

菱田名作をポップに

この構図、ピンとくる方も多いでしょう。36歳で没した明治期の日本画家・菱田春草の名作「落葉」をベースにしています。同作は、春草が空気遠近法を用いてリアルな空間表現に挑戦したもので、のちに重要文化財に指定されました。

浅葉雅子は、多くの人が見知っているこの作品を引用しつつ、独自の解釈と手法によって、これまで様々なバージョンの「落葉」を制作してきました。春草が色彩の濃淡で雑木林の奥行きや立体感を表現したのに対し、浅葉はあえてモチーフを平面的な色面で分解し、それらを重ねて空間を再構成しています。オレンジ、イエロー、ブルーなどビビッドな配色やチェック柄によって、ポップで現代的な作品に仕上げられています。

(豊橋市美術博物館学芸専門員・岡田亘世)

Pop a Hishida’s masterpiece

This composition seems to hit something in many of the viewer’s minds. The base of this painting is “Fallen Leaves” by the Japanese Nihonga painter Shunso Hishida who passed away at the age of 36 in Meiji era.

“Fallen leaves” was painted using air perspective. Shunso Hishida succeeded in expressing real spatial representation in the painting. Later it became the important cultural property.

Using this famous painting as a base, Masako Asaba bent the “Fallen Leaves” to her own will,  interpretation and technique many time over. While Shunso shows the depth and the stereoscopic appearance of the forest using delicate shades of color. Masako Asaba dares to dissolve the flat color panels, and overlap them to completely rebuiding the space.

She creates pop and modern work using vivid color schemes of orange, yellow and blue in addition to her signature check pattern.  

(Nobuyo Okada, Curator in Toyohashi City Museum of Art and History )

 

月刊Gallery 4月号 2019

月刊ギャラリー4月号「評論の眼」に取り上げられました。

女として在ることの痛みと華やぎ浅葉雅子展 SOLITUDE

                                                                                                                 石川千佳子 美術評論家

時を経た個展の記憶が疼く。

写実と装飾をほどよく織り交ぜた、一見、公募展で安定した位置を占めそうな作品なのだが、脈打つ痛みが伝わってくる。

画中の人物がまとう衣装に繰り返し描かれるのは、浮世絵の春画である。

浅葉雅子は、これまでにも春画を引用してきた。

同じ引用でも、雲母刷り風の花柄をあしらった地に、あかぬけた線描でクローズアップした足を重ね描きしたり、交歓する男女の顔を大胆に色分けするなどの、明るくポップなパネルを配列した以前の作品ならば、話はもっと単純である。

ときに誇張された生殖器以外では性別も判然としない男女が、相互に歓びを分かち合うフィクショナルな平等性と非暴力的な関係性を前面に出し、再構成していく。隠微な湿り気を蒸発させた、いわば浅葉流のSYUNGAにはクールな現代性が備わっていた。

しかし、今回の出展作品には桃山の障壁画に登場する巨木のように、上下をトリミングされた女性像が現れる。

リアルに描かれた女性たちは、年齢層がそれぞれに異なるが、いずれも顔の一部しか見せないため、匿名の女性の生の諸相になると同時に、作品に向き合う女性が自身を仮託する形代にもなる。

画面の構造は重層化していて、色彩を抑えた人物像の上に、咲き乱れる花と春画の層が載り、表層には支持体と同じ麻紙を染めたテープによる連続模様が浮かぶ。

模様はコラージュではなく、革ひもで縫うように画面を貫通している、つまり、口元や腕を痛々しく封印するテープによって、女性の身体が画面にしっかりと縫いとめられている。

花は衣装に従属することなく艶やかに生の欲望を主張し、引用された春画は優美である。そこにも、規則的なパターンを形成する束縛の紐が容赦なく通される。

春画について、研究者のT・スクリーチは — 江戸の男女はそのように生きていない。なるほど。しかし、だからこそ絵を必要としたのである。とくに春画はそのためのものだった(高山宏役『春画』講談社)— と語る。

これまで「絵」としての春画を扱ってきた浅葉は、現代を生きる生身の女性の表象を持ち込むことで、絵の裏側に張り付いている不自由な「現実」を引き出しながら、紐を通すという手芸的で優美な暴力をもって、相反する両者を同一画面につなぎとめた。

春画を引用する表象としての面白みは削がれたかもしれないが、内実を深化させた挑戦といえる。

光源のような黄色の花と観音にも似た春画をまとう老女は、母という属性にとらわれない、個としてのモニュメンタルナ姿は、このスタイルだからこそ獲得されたものだろう。

若い女性たちは美しい。— しかし老いた女たちはさらに美しい(ホイットマン『草の葉』鍋島能弘・酒本雅之訳 岩波文庫)

コバヤシ画廊(銀座)2018年10月29日〜11月3日

About Masako Asaba solo exhibition, SOLITUDE

Art Critic Chikako Ishikawa

The images of that past exhibit still rattle in my head.

The perfect balance of realism and decorativeness, the painted costumes revealing the patterns of ukiyoe-shunga which had been present in Masako Asaba’s life for some time now.

Her previous works were dominated by close-ups of feet surrounded by flowers and refined lines of lover’s faces when making love with colorful pop representation. This time however, things get more complicated.

Make no mistake, Masako Asaba’s shunga while deeply rooted in the history is far from any form of repetitiveness. It comes wrapped in a cool air of modernity.

In the traditional shunga it is often difficult to distinguish between the males and females as the two make love in a world of equality and lack of violence. While Masako’s works cut deeply into the spirit of the traditional shunga artists, at the same time they’re changing and re-defining the genre.

It’s no different this time around. Her latest exhibition is filled with women’s torsos which bring to mind the big trees in wall painting popular during the Momoyama period.

The women are portrayed rather realistically. They are of various age, often showing only a part of their faces which allows for a dose of anonymity, leaning   the audiences the possibility to exercise the limits of their imagination.

The construction of the works is multi-layered. We can see the flowers which are in full bloom and the ukiyoe-shunga on the women’s bodies. In addition, we can see a tape-like running patterns.

The patterns are not collaged. The tape-like paper cuts through the surface making the women’s bodies sewed tightly together in a beautiful maze of patterns.

The flowers, not becoming a part of something, maintain a desire to live and the ukiyoe-shunga is very graceful. However, the tape-like paper cuts through them without mercy.

In the past Asaba had created her ow paintings, making the modern ukiyoe-shunga into a symbol of happiness. This time around she pulled the modern women of today into her works. Modern women, together with their real life problems. Through the stitching on the surface of her paintings she connected the two conflicting entities. The happiness and pain, which revealed the problems  women are faced with in the modern society. Through these works she tried to deepen the meaning of the works.

The old woman, wearing yellow bright flowers and ukiyoe-shunga portraying a couple where the woman looks like the Goddess of Mercy is monumental. She does not attribute of mothers. She is the archetype of womanhood.

2018/10/29 ~ 11/3 Gallery Kobayashi,Tokyo

月刊アートコレクターズ2月号の特集 2019

2019年2月
「引用の美学」の日本の美術編で紹介されました。

Monthly magazine Art Collector Featured an article on Visual Simulation Aesthetics in it’s February edition. In that article I was presented .

Shunga was referred to as warai-e (laughing pictures). You look at the rabbit that is looking at the awkward scene. I hope you feel this double humor.I love Shunga because of the atmosphere of equality and freedom. So, I simulate Shunga in my woks in many ways. I think there is real merit in presenting Shunga which has been hidden on purpose in the Japanese society.

月刊アートコレクターズ2月号の特集 2018

2018年2月
「平成の浮世絵アーティストたち」の中で江戸の浮世絵のスピリットを継承している現代を生きるアーティストととして紹介されました。

Monthly magazine Art Collector Featured an article on Ukiyoe Artists in Heisei in it’s February edition. In that article I was presented as an artist who embodies the Ukiyoe spirit of Edo period in the present day.

artscapeレビュー

浅葉雅子「MAN MADE」
2011年10月15日号

会期:2011/08/29~2011/09/03
コバヤシ画廊[東京都]
菱田春草の日本画をベースに、背景の色や葉のパターンをモダンなデザインに変えた作品。マンガチックなリスや小鳥を配したり、木の輪郭線に糸を使うなど遊び心も見られる。作者には日本画への強いこだわりが感じられるが、それが日本画(または春草)に対する共感なのか反発なのかが見きわめられない。おそらく愛憎なかばするのだろう。そこが曖昧だ。
2011/09/02(金)(村田真)

162.0×162.0cm 雲肌麻紙、岩絵の具、墨、アクリル絵の具、糸

 

第5回トリエンナーレ豊橋

星野眞吾賞展
2011年11月発行 展覧会図録

優秀賞のうち浅葉雅子<落葉>は菱田春草の名作を今日の感覚から組み立て直し、新たな作品にしたもの。作者はこの手法を長年続けているが、今展出品作が最も完成度が高かった。ただ個人的には、この賞を契機にもう少し別の冒険もして、さらに一段上がった作品を見せて欲しいと思う。 (豊田市美術館館長 吉田俊英)

浅葉雅子さんの<落葉>も、よく知られた近代日本画名作のパクリだが、細部をデザイン的な要素に還元して演色性を増した構成の周到さが、原作とは異なる親密で乾いた空間に変換され、それが別のある物語へと見る者を誘う気持ち良さがある。画面を眼近に見ると、岩絵の具の粒立ちの触覚性を持つ一方で丹念な筆致が以外に写実的なニュアンスがあったのも見逃せないものだった。
(練馬区立美術館主任学芸員 野地耕一郎)

第5回トリエンナーレ豊橋星野眞吾賞展・優秀賞作品
130.3×194.0cm 雲肌麻紙、岩絵の具、スプレー塗料、アクリル